SMILE make SMILES

ダイバーシティとユニバーサルデザインに興味あります。

まもなく厄明け

平成30年、数え42で本厄でした。

今年は、何か大変なことがあっても本厄のせいにできるから大丈夫!と気楽に構えていましたが、それが功を奏したのか、大したこと起こりませんでした。

大ケガは一切なし。

大病は…
鬱は落ち着いています。
頭痛とか、肋間神経痛とか出ますけど、今年特別ひどいわけではなく。
10月ごろから腹痛というか、便通異常はあります。何なんでしょうね。本格的に検査するとけっこうかかるみたいで、パスです。大丈夫です。

事故もなし。
仕事も大過なし。
家庭も、まあ、特筆することはなし。

ただ、いろいろなものを手放さざるを得ない一年ではありました。

愛車・三菱デリカD:5

デジタル一眼レフPENTAX K-xとレンズたち

コンデジPENTAX MX-1

Apple Airpods

剣道の防具一式

いくつかのクレジットカード(ちょっと意味違うけど)


剣道の防具だけはまずかった。手放したあの時は仕方なかったし、そのお陰でアレだったけど、代償がデカすぎた。だって、稽古に行けなくなっちゃったんだもん。情けないよね。

あとはもう、手放す他なかった。

今までボクの人生や生活を彩ってくれてありがとう。
大切にできなくてすまなかった。

ボクにとって大切なのは家族。
家族を手放すわけにはいかない。
家族から手放されるのは耐えられない。

来年はますます彩りを抑えて、ひっそりと家族を守る一兵卒に徹します。

本年もありがとうございました。

まもなく紅白が終わります。

皆さま、よいお年をお迎えください。

「みんな仲良く」の真意

「みんなで仲良く過ごしましょう」っていう標語。

ちょっとケンカすると「なんでもっと仲良くできないの!」と怒られたり。

学校標語の中でも反発の大きい「みんな仲良く」

「誰とでも仲良くなんてできるわけねぇじゃん!」
ごもっとも。

でも、履き違えなんですよね。

声高に叫ぶ教師ほど履き違えてる。
そしたら反発喰らうのは当たり前。

「仲良く」を「友好的に」って解釈するからズレるんです。
それはね、無理ってもんです。

相性っていうのは避け難くあって、その日の気分やちょっとした言葉の綾でのすれ違いなんかもあれば、いつでも誰とでも友好的に関わるなんて無理です。

まして、イジメを受けている被害者が加害者と友好的にできるかって言えば無理(むしろ、すべきでない)です。

本来、「みんな仲良く」っていうのは、「チームで取り組むべき(取り組む方がいい)ことには、協調していこう」って解釈されるべきです。殊更に友好的である必要はありません。

心情的(よく言う生理的ってヤツか)に好まない相手とペアやチームを組むことはあるけど、私情を挟みすぎず、それぞれ特性や性格を互いに理解し、尊重して進めなければコトはなせない。

その感性を磨くためにこそ「みんなで仲良く」と言うべきなんです。

「アイツ気に入らないんだよ」って言っていいんです。ウラで。仲良くなれない相手を好きになる必要はありません。

でも、「アイツ気に入らないからこの仕事やらねぇ」はダメなんです。そんなことがそこここで起きたら社会が回りません。

よりよい結果を出すために議論をするのも重要です。
しかし、「仲良く」を「友好的」と解釈してしまうと、白熱した議論は否定されかねない。
その後の協調のために必要な衝突はあっていいし、あるべきです。
むしろ、私情を排した議論を進めるためには、「仲良く」が邪魔にさえなります。

じゃあ、難しい言葉じゃ伝わらないこどもになんて言って「協調」を働きかけるか…
っていうと、他にいい表現は難しいです。

だから、「みんなで仲良く」はいいんです。

あとは、その解釈を大人が間違わずに伝えていくしかないんじゃないでしょうか。

コンプライアンス推進

コンプライアンスという言葉が定着の兆しを見せています。

意味としては

企業における「法令遵守(順守)」
患者の「服薬遵守(順守)」

の二つが主だって使われるようですが、前者の企業向けの意味で使われることが一般的です。

我々公務員にとっても他人事ではないということで、度々「コンプライアンス推進」は念を押されてきたところですが、よりその意識を高めようとですね、我らが監督庁は具体的なアクションを起こしました。

それが、コレです。

日めくり…

相田みつをかよ。
松岡修造かよ。

ちなみに、本日13日はこちらです。

コンプライアンス推進のための有難い標語をですね、毎日の職員朝礼の最後(現任地の場合)に発表するわけです。さすがに唱和はしませんが。

(まさか、御唱和なさる職場なんてありませんよね?)

サイズはA2版(A4版の4倍)で、繰り返し使えるように(だと思うんですけど)リングで束ねられています。
光沢紙にフルカラー印刷。今日はたまたま色味の少ないイラストですが、そうでない日もあります。

当然、この日めくりの作成や配布、毎日の確認という作業に対する法的根拠はあるんですよね?
この日めくりの存在がコンプライアンスに反したりしませんよね?
「都民の税金を無駄遣いできない」の延長線上で、我らが寄宿舎の浴室脱衣室のエアコンの修繕が棚上げされてますけど、この日めくりって、アレにはならないですよね?

ね?

伊良部一郎のキャスティング

※文中敬称略

先日は伊坂幸太郎の「陽気なギャングシリーズ」のキャスティングについて無意味に語らせていただきました。

キャスティングについて思いのある作品としてもう一つ。
奥田英朗の伊良部一郎シリーズを取り上げます。

作品名としては
イン・ザ・プール
空中ブランコ
「町長選挙」
の3作品になります(続編ないよね?)。

伊良部総合病院の御曹司にしてトンデモ精神科医の伊良部一郎が施すハチャメチャな処置?が巻き起こすドタバタでいて、でもどこかハートフルな話。

診察に訪れる患者の目線で描かれる連作短編集のスタイルで、テンポもよくとても読みやすい作品です。

さて、こちらは映画、舞台、ドラマと度々実写化されましたが、キャスティングには疑問しかない。最早これは実写化ではないんじゃないかと疑いたくなるレベル。
だから、ボクならこう!を無駄に語ります。


<伊良部一郎>
映画「イン・ザ・プール」:松尾スズキ
ドラマ「Dr. 伊良部一郎」(テレビ朝日):徳重聡
ドラマ「空中ブランコ」(BSフジ):阿部寛
舞台「空中ブランコ」:宮迫博之


トンデモ精神科医
デブでマザコン
おぼっちゃまで嫌味なヤツ。

ボクの中では色白で、スポーツは苦手だけど自覚なし。
自分の言動のせいで周りから疎まれているのに、「自分は悪くないのになんで?」と周りを責めるタイプ。
そのくせ、周囲をイラつかせる明るさの持ち主。

映画、ドラマ、舞台と合わせて4人の伊良部がいますが、どれも納得いかん。
デブじゃないじゃん。
身体のキレ良さそうだし。

デブ大事よ。ここは。

色々浮かんだ。
伊集院光(頭良い感じが合わない、却下)
塚地武雅(色白じゃない、却下)
とかを経て、ピタッときたよ。

伊良部一郎:日村勇紀(バナナマン)


<マユミちゃん>
映画「イン・ザ・プール」:MAIKO
ドラマ「Dr. 伊良部一郎」(テレビ朝日):余貴美子
ドラマ「空中ブランコ」(BSフジ):釈由美子
舞台「空中ブランコ」:佐藤江梨子

トンデモ精神科医を支えるトンデモ看護師。
グラマーでセクシーで無愛想。

ボクの中では色白で、小さい顔したグラマラス。
20代半ばですね。

伊良部一郎と比べて、まずまずのキャスティング。
余貴美子はちょっと年齢が… ゴホン
釈由美子はいいですね。なかなかイメージに合う。

初めて読んだ時にパッと浮かんだのはインリン・オブ・ジョイトイ
でも、いなくなっちゃった。

今思い浮かべるなら、個人的な好みをバリバリ加えつつこの人。

マユミちゃん:片山萌美

やべえ、この伊良部一郎見たい。
ナース服の片山さんが見たい。

すんません。

陽気なギャングのキャスティング

※文中、敬称略で失礼します。

「陽気なギャングの日常と襲撃」を読みました。
陽気なギャングが地球を回す」の続編にあたる作品で、当然ながら前作も読んでいます。

作者の伊坂幸太郎は好きな作家の一人。
特に伏線を張る丁寧さとそれを回収する緻密さにいつも圧倒されます。

この、いわば「“陽気なギャング”シリーズ」ももちろんそう。
それに加えて、主人公である4人組の銀行強盗のそれぞれのキャラクターが魅力的で、その上脇役も味があって、展開も早過ぎず、かつ冗長さがなく、説明的な煩わしさはないのに、わかりやすい。
ホントに面白い。

で、ですね。

小説を読む際には、読みながら頭の中に映像が浮かぶんですね。ボクの場合。
「“陽気なギャング”シリーズ」のようにキャラクターがはっきりしていると、具体的に俳優さんを配役することもあります。

陽気なギャングが地球を回す」を読んだ後、同作が映画化されていると知り、ワクワクして調べました…が…

映画でのキャスティングが、ボクの頭の中の映像でのキャスティングとズレていて、なんだかモヤモヤしてしまいました。

で、続編を読んだ今、敢えて頭の中のキャスティングを公開しようというわけです。


<成瀬>
銀行強盗団のリーダー。普段は公務員。
相手の物言いだけで、それが嘘かどうかを見破る能力の持ち主。
映画では大沢たかおが演じています。

ボクの中の成瀬は、冷静沈着で、眼光が少し鋭く、それでいて「実はけっこう優しいんだろうな」って雰囲気。
大沢たかおだと優しすぎる。

実は「地球を回す」を読んでいる間にはキャスティングが固まらなかったんだけど、今回「日常と襲撃」を読んでポンと浮かびました。

成瀬:長谷川博己
(実はタメだと知って衝撃)

<響野>
演説の名手。内容のない話をもっともらしく演説に仕立てる話術をもつ。普段は喫茶店のマスター(だが、淹れるコーヒーは不味い)。
映画では佐藤浩市が演じています。

ボクの中の響野は、全体的に細身で、頭髪はピシッとセットされた黒髪。高く通る声で流れるように喋る。
佐藤浩市では渋い。しかもボサボサの金髪という役作りも合わない。あと、佐藤浩市が淹れるコーヒーは美味そう。

響野は初めて読んだ瞬間に浮かんだ俳優がいて、読めば読むほどその俳優が響野にハマっていく。

響野:筧利夫
(成瀬と同級生という設定からすると長谷川博己とはやや歳が離れているが気にしない)
(淹れるコーヒーが不味いイメージも醸し出せそう)

<久遠>
スリの名手。ニュージーランドと動物を愛する若者。
映画では松田翔太が演じています。

ボクの中の久遠は、愛玩動物を思わせる風貌と動きが似合う、比較的小柄な男。
松田翔太だとカッコよすぎる。

久遠も早くからキャスティングが固まっていた。

久遠:濱田岳
(濱田岳がカッコよくないなんて言ってない)
(auのCMで金太郎を演じる濱田岳を見てますます久遠に推す気持ちが上がった)

<雪子>
正確な体内時計と巧みな運転技術の持ち主。一児の母。
映画では鈴木京香が演じています。

ボクの中の雪子は、キレイなんだけどカゲがあって、悲しげな微笑みが似合うしセクシーなんだけど、いい意味でエロさがない女性。
鈴木京香だとちょっとセクシーでカゲが弱いかな。

「日常と襲撃」を読んでいて、吉瀬美智子もいいかも、って思ったけど、一児の母感が弱い。やはり「地球を回す」で浮かんだあの女優がぴったり。

雪子:りょう

雪子に合わないと思った鈴木京香は、むしろ響野の妻である翔子に挙げたい。


主要4人以外で、映画でのキャスティングが自分のイメージとズレが少ないのは、

田中:古田新太

かな。ただ、田中のキャスティングとしては、個人的に塚地武雅も捨てがたい。


えっと、アレですよね。
だからなに?ってことですよね?

なんでもないですよ。勝手な妄言ですから。

すきなんです

一昨年の1月から使ったほぼ日手帳

2年間使ってみて、いろいろ試行錯誤したものの、自分らしい使い方が見つからないどころか、手帳の必要性自体が感じられなくなり、今年は更新をやめてしまいました。

カバーは手に馴染んできたので、同じ文庫サイズの方眼メモノートのカバーにしました。

ところが、2018春のほぼ日手帳ラインナップにやられました。

私が敬愛してやまない絵本作家、ヨシタケシンスケさんの「しきもの日和」。

手帳はいらないけどこのカバーはほしい!

なんて罪深いことを!

迷っているうちに品切れしてしまい、ますます欲しくなって…

買っちゃった…

しかも、4月始まりの手帳本体とセットで…

でも、いいんです。


こんなの懐かしいし、


こんなのしたいし…

内側も。


シュール…

ポケットにはアーティストカード

使い方の説明書まで!

手帳自体を何にどう使うかは思案中。

でも、何だかいろいろ抱えている今だから、好きなものに囲まれて生きたい。

今までだと、好きなものと言えばウッドストックだし、それは変わらないけど、ヨシタケシンスケワールドにも浸っていきたいなぁ〜って思います。

香川ではうどんを食べる風習が…

昨日、7月2日は半夏生でした。

読めますか?半夏生

「はんげしょう」です。

二十四節気とともに季節の節目となる雑節の一つ。

夏至から数えて11日目にあたる日で、稲作では田植えの時期の目安になっていたようです。

関西では、「作物の根が張るように」との縁起担ぎからタコを食べる風習があるとも。

香川では、田植えの労を労う意味も込めて、うどんを食べる風習があるんだとか。

ん?香川でうどん?

香川では年越し蕎麦ならぬ年明けうどんがあるとか。
土用丑の日には「う」のつくものを食べることにちなんで、香川ではうどんを食べるとか。
香川のとある地域では、新築の家では風呂でうどんを食べる風習があるとか。

てか、何かにちなんでうどんを食べるのか、うどんを食べるために何かにちなんでいるのか分からん。

これじゃまるで「日本全国酒飲み音頭」じゃないか。

きっと香川には、他にもうどんを食べる風習があるに違いない。

恐るべしうどん県、香川。

米米CLUBのライブのためだけに高松に遠征した時に食べたかけうどん、うまかったな。